この3つが幼児のしつけのポイント!

滋賀県の七田式教室代表

です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

七田眞先生は、幼児のしつけの3つのポイントについて

下記のようにおっしゃっていました。

 

一つ目は「おはよう」とあいさつをすること。

親の方から先ずあいさつをして、夫婦の間でもあいさつをする。

その姿を見て子どもは学ぶのだ、と。

あいさつは他者を認め、自分から心開き人間関係を結ぶという行動です。

 

二つ目は、呼ばれたら「はい」と返事をすること。

お父さま、お母さまが、「はい」と返事をする姿を見ていれば

子どももそのうち同じようにします。

 

 

三つ目は、履物を揃える+椅子を入れる、です。

これも、親がお手本を見せ続けていれば、そのようにできるようになります。

履物を揃える、椅子を入れる、ということは

自分の行動に責任を持つことにつながります。

 

★教室オリジナルホームページはこちら

 

★こちらにも教室のブログがあります(まいにち更新継続中)

おすすめ教材、しつけのコツ、七田のこと、教室のエピソードなど

たくさん!!