復職ストーリーを描く

七田式・滋賀代表のブログです。

ごらんいただきありがとうございます。

今週は冷え込みがきついです。

雪もチラチラ。

教室は暖かくしてお待ちしています。

気をつけてお見えください。

・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、今日はこんな話題を。

 

毎年起こることなので

先にお伝えしておきたいと思って・・・。

 

4月から職場復帰のお母さまにとって

「新しい年が明ける」

ということは、

あまりうれしくないのかもしれません。

 

こんな風に。

↓↓↓

 

『本当は、わが子のそばにいて

もっと育児に専念していたい。

願わくば、保育園が満員で入園できなければ・・・

大義名分ができて、職場復帰を延期できるのにな。

 

一番かわいい盛りのわが子。

 

そして、

人見知りや後追いをするわが子を

「預ける」なんてできるのかな?

 

きっと泣きわめくに違いない。

 

友達もみんなそう言っている。

毎朝、

別れ際に泣かれて心が痛いよ、って。

 

でも、

4月には復帰しなくちゃいけない。

なんだか、心が晴れない。

 

わが子の屈託のない笑顔を見ていると

涙があふれてくる。』

 

 

ね、どうですか?

 

図星ではないかしら?

 

 

この時期

私たち講師は

「自分なりの復職ストーリーを考えておいてね」

と、お伝えします。

 

復職ストーリーとは、

 

「なぜ、私は職場に復帰するのか」

ということを自問自答し、

あらためて確認するということです。

 

職場復帰の「覚悟」とも言えます。

 

職場に復帰するのか、しないのか、
の選択権は自分にあるのですよ。

ここを誤っている方が多いので。

嫌々復帰とか、しょうがないから復帰とか・・・。

これでは同僚に迷惑ですし、

報酬をいただくには・・・ちょっと。

 

わが子を預かってもらう園の先生方も

自分の子どもを他人に預けて

お仕事をされているのかもしれませんよ。

 

わが子が園で十分な育ちを得てほしいのであれば

お母さまも覚悟を決めて

自らの職場で

お勤めを誠実に果たすことが大事なのだと思います。

 

 

とはいえ、

 

お子様とかかわる時間は明らかに減りますので

何をするにも工夫は必要です。

 

今までのようにはいきません。

 

はじめは、

時間のやりくりに四苦八苦しますが、

だんだんと自分なりにコツがつかめるはずです。

今までの時間の使い方とはまた違って

優先順位が変わってくるかもしれませんね。

 

気を付けてほしいのは、

こういうことです。

↓↓↓

 

園に子どもを預けている間、

つまり、

働いている間は両手が空きます。

(当たり前です。抱っこすることはありませんから)

 

この、

両手が空くことに慣れてしまい

子どもが自分の回りをちょろちょろしている状態や

「ママ~抱っこ~~~~」というような

グダグダ状態

「いやだな」と思ってしまう感覚に陥ることです。

 

つまり、

子どもが保育園に行く=楽だわ♪

 

の感覚に陥らないようにしてほしいということです。

 

そんなことあるはずないとお思いでしょうが、

案外、これは落とし穴です。

 

これに

はまってしまうと

 

子育てが急に難しくなっていきます。

母子一体感がプチンと音を立てて切れます。  

 

*********************

【七田式栗東教室 滋賀県の栗東市(りっとうし)にあります。】

★栗東教室の詳細、保護者様の声など↓↓

 

 

 

★栗東教室教室長のブログ。子育てに関する学びがたくさん↓↓

 

 

 

★栗東教室の風景 by eri(LifeStyleCoordinator)教室のコンセプトイメージ♡

【七田式びわ湖大津教室 滋賀県大津市にあります。】

★びわ湖大津教室の詳細はこちら↓↓↓

七田式びわ湖大津教室HP https://shichida-shiga.jp/

 

 

 

★びわ湖大津教室の講師がそれぞれの思いを書いています。↓↓↓

 

 

 

 

★びわ湖大津教室での様子、講師ルームの内緒の話、おすすめの教材など↓↓↓