言葉のセンスを磨く環境をつくりましょう。

七田式栗東教室

代表です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

栗東教室恒例の保護者勉強会の締め切りは

本日16時です。(通室生限定です)

「絵本」の回に空席があります。ぜひお見えください。

 

 

 

さて、

 

「絵本」は育児をする上で非常に大切なアイテムです。

七田眞先生は

「絵本好きに育てたら、育児は成功」

とおっしゃっていました。

 

私が子育てをしていたころは

【七田では絵本は1日30冊】という合言葉がありました。

 

毎日大量の絵本を読み続けた結果

語彙数は増え、文章力がつき、思考力も論理性も身に付けさせることができました。

 

私たちは物事を考えるとき、

言葉、を使って思考しますから

言葉の数が多ければ多いほど

思考の幅も広くなります。

 

また、

小学生以降は、その自分の考えを文章で書き表す場面が増えてきます。

実は、その時点で「よーいドン」

ではないのです。

 

 

語彙がふんだんにストックされている子と、乏しい子。

 

もう、そこで、文章力の差は歴然です。

 

「作文が苦手」「作文が嫌い」

 

というのは、

子どもさんの得手不得手だけではなくて

小さいころに、言葉のセンスを磨く環境を作ったのかどうか、という

親の姿勢によるところが大きいのです。

 

 

★教室オリジナルホームページはこちら

 

★こちらにも教室のブログがあります(まいにち更新継続中)

おすすめ教材、しつけのコツ、七田のこと、教室のエピソードなど

たくさん!!