4歳児に「大好き」を伝える方法は?

滋賀県の七田式(SHICHIDA)栗東教室

栗東教室代表blogです。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

今年度、

私(教室代表)は、

久しぶりに「4歳クラス」を担当しています。

 

ここ何年かは

母子分離クラス(親と離れているクラス)

だけの担当でしたので

 

なんだか、

とても、

 

新鮮♪です。

 

 

毎回のレッスンの『暗示』の時間も

久しぶり、ということも手伝って

 

とっても

 

新鮮♪

 

ママと子どもたちが、ぎゅーをして

「大好き」を伝えあっている姿は

感動的です。

 

 

4歳児というのは

どんどん

左脳が優位になってくる年頃です。

だから

屁理屈を言ったり、

アマノジャクになったり、

ちょっと反抗的になったりして

お母さんと衝突することが増えてきます。

 

当然、

「大好きよ~」の言葉も

日常生活の中では

なかなか潜在意識まで入らない。

 

だから、

レッスンでの『暗示』が非常に大事なのです。

 

レッスンでは

潜在意識に入れますから。

 

 

昨日の4歳児クラスでも

「ぴしーっ」っと

暗示が入りました。

 

『まだまだ勘は鈍ってないな』

ちょっと嬉しかったです。

 

で、昨日の暗示は

コレ

「生まれてきてくれてありがとう。

あなたがいい子の時も、そうでない時も

お母さんはあなたの味方です」

 

 

 

昨日も、教室の中、レッスンの中・・

たくさんの感動がありました。

ほんとに、

ありがとうございます。

 

★教室ホームページはこちら

IMG_4756