Q: 4歳の男の子です。最近言うことを聞かなくなって扱いにくいです。どうしたらいいのでしょう?

教室代表です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、

今回は、

お母さまからのご質問に触れてみようと思います。

 

Q:最近、4歳の男の子の対応に四苦八苦。

言うことを聞かなくなって、やりにくくなった。

私もイライラしてしまって悪循環です。

煮詰まってしまって…困っています。 

(4歳、1歳のお母さま) 

 

いかがですか?

 

教室のお母さんなら

さて、どんな原因&解決法が思いつきますか?

 

すでに

いくつか浮かんでいますね?

 

では、確認してみましょう。

 

1)4歳、1歳という年齢差に注目。

構ってほしい盛りに

ママが妊婦になり

ご出産されたことがわかります。

満たされない思い、気持ちが出てきているのかもしれません。

「長幼の序」を徹底する

長幼の序(ちょうようのじょ)が分からない方は、

このブログの検索窓に『長幼の序』と入れて検索してみて下さい。

 

2)愛情を伝える五分間暗示をする

五分間暗示が分からない方は『五分間暗示』と検索してみて下さい。

 

3)8秒間の抱きしめ法をする

こちらも、検索。

 

4)アロマ、フラワーエッセンスを使う

アロマはリラックス系を使ってください。

また

フラワーエッセンスはチルバラです。

 

5) イメージトレーニングをする

母子一体のイメトレをします。

 

6)食事を見直す、正しい食事をする

白砂糖、牛乳、トランス脂肪酸、小麦、添加物などを除去

良いお水を。

 

7)生活環境、生活リズムを見直す

ゴールデンタイムに熟睡できるように。

スマホやゲーム、DVDの映像を止める。

 

こんなところがスラスラ出てきましたか?

 

 

おっと、

あともう一つ、

「認めてほめて愛して育てる 」を思い出し、

『たかかんひがそ』を実践、

 

です。

 

子どもの姿は、親が育てた「姿」です。

どこかで何かの歯車がおかしくなって

どんどん悪循環に陥っているのだけです。

 

一つ一つ根気よくほどいていけば解決します。

たまたま、とか

なんとなく、の結果ではないのです。

 

 

母親の「本気の覚悟」があるかないか、

そして、

原因は自分にあるということに気づけるかどうか、です。

 

びっくりしたのですが、

 

『私どもの教室に入れば

どんな子も素直になって

言うことをよく聞くいい子になる、

お行儀がよくなり、

お勉強もよくできるようになる』

 

というまことしやかな噂があるそうです。

 

びっくり!

とんでもない!

 

教室でいくら知識を習ったところで

実践するのは「お母さん」です。

 

講師が子育てをするわけじゃありませんから。