小さい子は泣くためのきっかけを求めて、わざとゴネゴネするのですよ。それを見破ろう!

七田式・滋賀、代表ブログです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、

 

どの教室でもよく起こる

「あるあるネタ」を言いますね。

(再掲です)

 

お兄さん、お姉さんのレッスンの

送迎についてきた下のお子さまが

 

「ぼくも、れっすんしたい~」

 

と言って駄々をこねる、

ということがあります。

 

先日は、

 

小学生のKちゃんのレッスンの送迎についてきてくれた

もうすぐ2歳のIちゃんが

 

「わたしもレッスンする~」

と言って、

玄関で駄々をこね、

お母さまは帰れるに帰れずにお困り・・・という事態が起こりました。

 

お母さまは、

 

「今日はあなたのレッスンの日じゃないのよ」

「今日はお姉ちゃんのレッスンに来たのよ」

 

必死でなだめて言い聞かせようとされていましたが

Iちゃんの精神年齢の発達度合を知っている私は

 

「あ、これはレッスンしたいわけじゃないな。」

 

とピンときました。

 

そこで、

Iちゃんに

「今日はKちゃんのレッスンだよ。

あなたのレッスンじゃないよ。

知っているよね?

分かっていて、わざと駄々をこねてるんだよね?

 

お母さんに言いたいことがあるんでしょ?

気づいてほしいことがあるんでしょ?

ほんとは泣きたいんじゃないの?」

 

と聞いてみました。

 

Iちゃんはじっと話を聞いて考えこんでいます。

 

私はお母さまに

帰る支度をしてもらうよう促し、

Kちゃんを連れて教室を出てもらいました。

 

私「さ、Iちゃん、どうするの?

まだここで駄々をこねる?

それともお母さまのところへ行く!?」

 

と少々きつめに(←わざとです)聞きました。

 

I 「ママのとこ行く。ウェ~ン、ウェ~ン(大泣き)」

 

私 「そっか、甘えたかったんだね。

   ママに抱っこしてもらってヨシヨシしてもらおうね」

 

I 「(無言でうなづく)」 

 

お母さまに抱っこしてもらって、

ヨシヨシしてもらったIちゃんは、

その後、ニコニコで

帰って行きました。

・・・・・・・・・・・・・・・

 

何か泣きたい思いがあるのだけれど

自分で泣き始める「きっかけ」がつかめない時、

 

子どもは

 

わざと親を困らせることをしたり、

怒らせることをしたりするものなのです。

 

その時に

「あ、これは、アレだな」

と気づけるお母さんになって下さいね。

 

そうでないと、

子どもがいくら「泣きたいよサイン」を出しても

気づかないお母さんは

お菓子を与えたり、

おもちゃを買ってみたり、

なだめたり、

すかしたり

ヨイショしたり

 

・・・と頓珍漢なことをしてしまって

まったく「泣き」の堰を切ることが出来ません。 

 

このことに上手に気づけるお母さんになるために

子どもをよく日頃から

「観察」しておいて欲しいのです。