七田は受験にも強いです

 近畿の中学受験もいよいよ終盤。 

初日でスムーズに決まった子どもさんは

おめでとうございました。

 

また、

本命には届かず

日程を残している子どもさんも

最後まで気力を保ち

悔いのないように

走り抜けて欲しいと思います。 

 

「11,12歳の子どもが

泣きだしたくなるような緊張の中

たった一人で自分の進路を決める試験に臨む。」

 

そう考えただけで、泣けてきますね。

 

さて、さて、

中学受験のお話を少し。

 

中学受験は特殊です。

 

なんといっても長丁場です。

受験専門塾へ通う期間だけでも

3年以上になりますし、

中受をしようと考えている方は、

もっと前から

何かしらの方法を実践されているのが普通です。

 

そんな、

長い受験生活の中で

子どもさんの身体も心も

疲弊させてしまう親御さんが

非常に多いようです。

 

 

親にとっても 子どもにとっても

そんな

ストレスいっぱいの受験生活は

辛いものでしかありません。

 

合格=「ゴール」という目的ととらえないで

合格=「スタート」ととらえ

 

「親子で受験生活を面白がる」

 ↑

これくらいの余裕が欲しいところです。

 

 

そのためにも、

0歳や胎児のうちから

脳力開発をしておくことは

大変有意義です。

 

「詰め込み」と揶揄される『受験』ですが、

入れても入れても

満タンにならないくらいの容量を確保できれば

「詰め込み」とは言わないでしょう?

 

 

メンタルが強く

処理能力が高く

記憶が得意で

速読ができる。

ひらめきや創造力があり

空間認識力にも長けている。

地理や歴史、理科にも強くて雑学好き。

そして

「他人は他人、自分は自分」を持っている。

 

う~ん・・・七田式教育がピッタリです。

 

というわけで、

いずれ、小学受験、中学受験をされる方

お待ちしています。

 

栗東教室には小受・中受の、お仲間が

たくさんいらっしゃいますよ(^_-)-☆

 

七田式栗東教室(滋賀 栗東市)の教室ページはこちら 

 

rblog-20150123051124-00.jpg

小学生コースの子どもたち。

マーブル(墨流し)でハガキを作りました。