七田厚先生のお話より・・・絵本読みは愛を伝える時間

滋賀県唯一の七田式の教室、

七田式栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

先日、

 

びわ湖大津プリンスホテルにて

七田厚先生の「特別講演会」を開催しました。

 

印象的なお話をたくさんお聞かせいただきましたが、

中でも、

 

「お子さまに愛を伝える方法」

 

をお話下さったのが印象的でした。

 

抱っこ、抱きしめ、スキンシップ・・・

この辺りは、な~るほど、です。

 

そして

 

最後に付け加えられたのが

「絵本読み」でした。

 

絵本を読むには、両手が必要です。

何か用事をしながら絵本を読むことはできません。

 

お父さま、お母さまが両手を止めて

お子さまのためだけに

絵本を読む時間。

 

お子さまにとっては、

「お母さん(お父さん)が、自分のために時間を割いてくれた」

という大満足の時間。

 

まさしく

父母の愛が伝わる時間なのですね。

 

 

 

22~23年前、

私が、仕事で忙しくなり

子育てに関われる時間が全く取れない時期がありました。

 

七田の先生に、

 

「子どもが不憫。取り組みも全くできない。

子どもとの一体感がなくなる気がします。

どうしたらよいのでしょう?」

とお尋ねしました。

 

 

すると、

「毎晩、1冊でよいので、

心を込めて絵本読みだけを続けて。

これで、大丈夫だから。」

 

とおっしゃいました。

 

事実、

その

忙しい期間の取り組みは

毎晩1~2冊の絵本読みしかできませんでした。

 

ようやく

仕事が落ち着いた3か月後、

 

子どもとの一体感が切れることもなく

子どもが不安定になることもなく

母子分離不安を招くこともなく

いつも通りの生活に戻れました。

 

 

あの時、

「絵本読み」を通じて、愛を伝え続けていたからなんだな、と

厚先生のお話を聞いて

大昔のことを思い出しました。

 

【通室生の方へ】

絵本読みは、愛を伝えるほかにも

たくさんの大事な要素があります。

小さい頃絵本を読んでもらったお子さまと

読んでもらっていないお子さまは、どのように成長が変わるのか、

 

また、

 

どんな本を読めばよいのか、

どんな風に読めばよいのか、

など、

 

6月24日のお勉強会(絵本初級)でお話します。

【通室生限定講座】

お電話でお申込み下さい。

絵本初級講座は滅多に開講しないので

この機会をお見逃しなく。

↑七田の4ページ絵本は、マスト中のマストアイテムです。

栗東教室のお母さまは、2セットも3セットもお持ちになって

ボロボロになるまで読みこまれている方が多いです。

 

 

★教室のオリジナルホームページはこちら