デリカシーをもって察して!(小学生の子育て)

SHICHIDA栗東教室代表blog

滋賀県の七田式栗東教室代表です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

以前から何度もお伝えしていますが、

幼児の頃は「丁寧な子育て」をされていたのに

お子さまが小学生になると、途端に

「雑な子育て」

になってしまわれるお母さまが少なからずいらっしゃいます。

 

小学生生活といえば

大抵は

7時半くらいに家を出て集団登校をし、

帰宅は15時、とか16時です。

学童保育に行っている子どもはさらに遅いです。

 

実に

平日の昼間はほとんど

お母さまの目の前からいなくなるのです。

 

ですから、

 

ついつい

お母さまは、

 

「母と離れて過ごしている時間のお子さまの様子や心模様」について

イメージをすることが難しくなるのです。

 

見えないから→気づかない。

 

どんなことを思って

どんな風に一日を過ごしてきたのか、とか

 

誰と一緒にいて

何を考えていたのか、など。

 

すべてわかるはずもありませんが

そのまま本人に

質問(詰問)するのではなくて

デリカシーをもって「察する」ようにしてほしいなと思います。

 

態度、言葉遣い。

目つき、顔つき。

持ち物、服装。

食欲、感情。

 

そして

 

雰囲気。

 

また近いうちにプレミアム講座で詳しくお話をします。

お子さまの自立に向けて

とても大切なことです。

★教室ホームページはこちら

 

★こちらのサイトにも「栗東教室blog」があります