「挑む」「立ち向かう」も大事だけれど、「逃げる」「去る」も必要だと子どもたちに教えてほしい。

滋賀県の七田式栗東教室代表です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

ロボットがダンスをしたり、

走ったり、お掃除をしたり

ホテルのフロント係をする時代。

 

今後、

もっともっと

この流れが加速していくことは間違いありません。

 

だから、

親世代が子どもだった時の経験則は

もはや

時代遅れになっていることも多いのです。

 

そこを考えずに

 

「お父さんが子どもの頃は、〇○で、○○で・・・」

子どもさんにアドバイスをしても

 

「お父さん、お母さんは、自分のことを全然分かってくれない」

と、

お子さまの信頼を損ねるだけかもしれません。

 

教室の小学生たちと接していて

本当によく感じることです。

 

子の心親知らず、になっていませんか?

なっているご家庭が多いですよ。

 

 

★教室ホームページはこちら

 

★こちらのサイトにも「栗東教室blog」があります