七田式教育を10年、11年と続けていると

 

滋賀県の七田式栗東教室代表です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

七田式教育で育ってきた子は

おしなべて耳が良いのが特徴です。

 

特に

小学生の高学年コースの子どもたちは

0歳、1歳から数えて

かれこれ10年以上七田式教育を受け続けているので

聴覚の記憶が特に優れています。

 

6歳、7歳ではまだ不安定で

11歳、12歳になってくると

ようやく自分の能力として定着するような気がします。

 

高学年コースの子どもたちは

この耳の能力の他にも

速聴、速読、直感像記憶や、ひらめき、などの右脳の力も素晴らしい他、

テーマに沿って自分の意見をまとめることが大変得意です。

 

加えて、

読書量がすさまじい量なので

多彩なジャンルのことを

よく知って覚えていますし、

自分の意見もしっかりと言うことができます。

 

それでいて

 

心もしっかりと育っています。

 

 

今年は、

土曜日の最終クラス枠で

5人の子どもたちが学んでいます。

 

10年以上、七田式教育を続けると、

こんな子どもに育つのか!と

 

毎週感嘆する時間となります。

 

能力や知識は申し分ないのはもちろんなのですが、

私がいつも感心するのは

「克己」の力です。

 

必ず5分前には着席をして

淡々と準備をし、

レッスン開始までは各々読書をして待っています。

 

レッスンが始まっても余計なことは一切しゃべらず

黙々と課題に取り組みます。

 

講師がいても、いなくても

変わらず、です。

 

学校でしんどいことがあっても

家で嫌なことがあっても

変わらず、です。

 

いつも同じ雰囲気です。

 

自分の不機嫌を回りにまき散らすことがありません。

「かまってちゃん」とは正反対です。

 

克己心は、

自分の夢・志を実現するにはなくてはならないものですから

この子たちは必ず自分の夢を実現するだろう、

と確信します。

 

 

七田式の小学生高学年コース。

 

ここまで継続するのはなかなか大変ですが

このコースこそ、

七田式の最終コースにふさわしいコースなのです。

 

 

★教室ホームページはこちら