A子ちゃんがゴネゴネしていたから取り組みの時間が減ってしまったじゃないの!もう!

玄関のボード

滋賀県の七田式栗東教室代表です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、

本日は以前の記事のリメイクです。

七田式教室は少人数でレッスンをします。

特別支援コースは個別レッスンですが

幼児コースは1クラス6名までの集団レッスンです。

 

小学生コースはもう少し多いです。

 

 

この、

6名クラスというのは、

「集団」と言えるほどの大人数ではありませんが、

それなりに

いろんなことが起こる人数設定です。

 

2~3歳は物の取り合いトラブルが

ダントツナンバー1です。

 

お気づきですか?

 

2歳児クラスでは

わざとトラブルが起こるように仕向けていることを。

 

1歳児クラスでは

どの子にも

すべて全く同じものを準備するようにしていますが、

2歳クラスでは

あえて色が違ったり、物が違ったりして

「あっちがいいな」「こっちがいいな」「交換してほしいな」

という思いが発生する仕組みになっています。

 

なぜでしょう?

 

それは、

お友達同士のトラブルが起きた時

どんな風に対処したらよいのか、を

お母さんに学んでもらうためです。

 

そして

お母さんが対処していくうちに

それを見て

子どもは自然に真似をするようになり、

お友達同士のトラブルを

自分たちで解決できる力を身につけることができるように、という思いからです。
「貸して」

「ありがとう」

「見せて」

「ありがとう」

「貸して」

「順番ね」

「次に貸してあげる」

「ホント?嬉しい」

「待っているね」

「ありがとう」

「交換して」

「いいよ」

 

2歳代のうちは

こんなやりとりを何度も何度も繰り返します。

 

そうやって、子どもたちは、

自分の思いを相手に伝え

さらに、相手の思いも受け取って

お互いが一番納得のできる形へ折り合いをつけることを

学んでいくのです。

 

 

また、3~4歳は

自我がはっきりと出てきて

「やりたくない」

「つまらない」

「お母さん、触らないで!」

「一人でやるから!」

「もうちょっとこれをしたい」

「返さない」

「いいこと思いついた」(と一人で違うことをする)

「これじゃない、こっちにする!」

・・・・ということが頻発します。

 

お友だち同士のトラブルというよりは、

個別で、

または母子でトラブルになることが多いようです。

 

その都度、

講師は辛抱強く対応し、子どもの気持ちに寄り添い

心育ちに結び付けられるよう

どう対応すればよいのか、

また、どんな言葉をかければよいのか、

子どもの気持ちは今どうなっているのか、を

お母さま方にお伝えしたいと思っています。

 

 

しかし、

 

このやりとりの時間を

 

「レッスン時間が減ってもったいない」とか、

(もったいない、って何だろうね?)

 

「トラブルが起きないように初めから気を付けておいて欲しいわ」

 

とか、

 

「〇〇ちゃんがごねごねしてたから時間が経って、

取り組みが一つ減ってしまったじゃないの。

〇〇ちゃんのお母さんも、

ちゃんとしつけをしてほしいものだわ!!」

 

とか・・・・・。

 

こんな風に

内心ざわざわしている方は

栗東教室にはいらっしゃらないとは思いますが

 

もし、

こんなことを感じてしまわれているとしたら

それは、こちらの説明不足であり、お母さまの勉強不足です。

 

 

 

七田式教育は魂の教育です。

 

もじが書ける。

計算ができる。

一茶の俳句が暗唱できる。

スムーズに取り組みが進む。

 

 

↑これはこれでレッスンとして素晴らしいことですが、

そんなことよりももっと大切な、

 

「心そだて」

という部分がレッスンに隠されていなければ

「七田の教室」ではないのだと思います。

 

 

なぜなら

カードを見て取り組みをして

プリントをするだけなら

あえて時間とお月謝を割いて

教室に通う必要もないですし、

お家でわが子と一対一で静かに取り組みをする方が

数倍早くてたくさんの取り組みができ

効率的ですから。

 

★教室ホームページはこちら

七田式栗東教室 ライトスコープ

 

みんなで学ぶから意味がある♪