お母さまからいただいた感動エピソード(「おかげさま」の心)

七田式栗東教室です。

 

さて、

今日は、

小学コースStep1のN君のエピソードを書きたいと思います。

 

 

N君は

先日、

学校の「うんてい」で、初めて2往復ができたそうです。

 

しかし、

N君は、

『その成果はお友だちの声援があったからこそ、の賜物なので

ぜひ、お友だちに感謝の意を伝えさせてほしい』と

担任の先生に申し出たそうです。

 

担任の先生は、

小学1年生で、そんなことを申し出る子どもがいることに

大変驚かれたそうですが、

給食の時間に「感謝の意を述べる時間」を設定してくださったそうです。

 

N君は、その場で

 

「僕は今日うんていが2往復できました。

これができたのは、みんなのおかげです。

みんなの励ましや声援があったからこそ、

あきらめずに頑張れました。

一言お礼を言わせてください。

みんなありがとう」

 

と自分の感謝の気持ちを伝えたそうです。

 

すると、大歓声と共に

拍手喝采が起こったそうです。

 

そして、

 

担任の先生は、そのエピソードを

保護者懇談会で話されたそうです。

 

N君のお母さまは家庭のご都合があり、

懇談会には欠席されたのですが

その日のうちに、たくさんのママ友から

 

「本当に感動しました。」

「N君は心が育っていますね」

「N君と同じクラスでよかった」

 

とたくさんの電話やメールが来たそうです。

 

N君のお母さまは、

 

「心が育つ、とはこういうことなのですね。

七田をしていて良かった、と改めて思いました」

 

とおっしゃいました。

 

私たち講師も、

このようなエピソードを伺うと

とても嬉しいですし、

「七田式教育」を続けていく自信にもなります。

 

Nくん、Nくんのお母さま、

ご報告ありがとうございました。

 

さて、

 

七田式栗東教室は

真の七田式教育を大切にコツコツと実践している教室です。

目先の小さな成果や

小手先の成果には目もくれず

子どもたちの10年先、20年先の姿をイメージしながら

将来の大きな実を目標にしています。

 

客観的に

「あ、この子、違うな」と感じてもらえるまでには

少なくとも6~7年かかります。

 

七田式教育で、お子さまの「心育て」をしませんか?

 

心が育っている子は、知力もコミュニケーションの力も高いです。

 

★七田式栗東教室のホームページはこちら⇒

 

rblog-20140820064432-00.jpg