学力中心で育てない「七田式子どもの見方6つのポイント」の第5番

滋賀県の七田式公式教室

七田式栗東教室代表blogです。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

さて、

今日も、「七田式子どもの見方6つのポイント」のから。

 

今回は第5番です。

「学力中心で育てない」

です。

 

七田式栗東教室ニューズレター

『ラベンダー通信』より

 

「学力中心の子育ては、やめて!」

 

これは、

学校のお勉強をおろそかにしてよい、

というのではありません。

学力は大切です。

 

しかし、

良い成績(通知簿の評価)をとらせたいあまり、

子どもの心の動きを無視して詰め込みをしたり、

嫌がっているものを無理強いすることは

明らかに良くないですし、

 

子どもの評価は学力だけでは決まらない、

と、特に小学生のお母さまに

お伝えしています。

 

 

たとえば、

「何かお手伝いをしたい」と申し出ている子どもに

「そんなことはいいからあなたは宿題をしなさい」

 

とか、

 

学校で何かの委員に自ら立候補をしてきた子どもに

「なんでそんなことをするの?

そんなことに時間をとられてお勉強ができないじゃないの」

と内心思った経験はありませんか?

 

学校の成績というのは、

その子の持っている能力のすべてを

測るわけではありませんから、

当たり前ですが

学校の成績(通知簿)が

その子、の「人としての価値」を

すべて決めてしまうものでもありません。

 

他にも、

お友だちを作る能力、コミュニケーション能力、

ユーモアのセンス、人をまとめる力、

アイデア、独創性、ひらめき力、

寛容な心、奉仕の精神・・・

 

などは成績にはでませんが、

これらの能力も、

社会人として生きていくうえでは

欠かすことのできない大切な力ですよね?

 

母子の一体感(信頼関係)が強固でありさえすれば、

子どもは何かのきっかけで

「学びたい欲求」にスイッチが入ります。

 

そこまでじっくり待ってあげることも必要です。

 

親がお膳立てをしたものより

本人自らが「学びたい」と決意した学びの方が

より深く、充実したものになるということを

私たち大人は、自分の経験から知っているのですから。

 

しかしながら、

『才能逓減の法則』(さいのうていげんのほうそく)

が働いていますので、

0歳にできるだけ近いうちから

何らかの能力開発を始めておくことも重要だ、と

申し添えておきます。

 

 

最近、学力中心主義の方にお出会いしたり、

話を聞くたびに

何とも言えない「虚しさ」を感じています。

 

価値観の相違と言えばそれまでですが、

学力中心主義のひずみが、

もしかしたら、

「いじめ」などの問題の遠因になっているのだとしたら・・・

価値観の相違、

では済まされないと強く感じます。

 

 

 

また、世間で

「早期教育」が、このような学力中心主義の代表のように

誤解をされていることが不本意です。

 

この誤解を払拭するためにも

七田式栗東教室では

「学力中心で育てない子育てをすると、どんな子が育つのか」

「学力も心も両方育てる七田式教育」

という部分を

実践、検証し、今まで以上に正しく伝えていきたいと思います。

 

 

七田式教室は「学力中心」の教室ではありません。

人間力を培い、心の幅を広げる教室です。

七田式栗東教室 

 

★教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog

 

★七田式教育の成果(栗東教室)はこちら→

 

★七田式公式教室のごあんない↓

全国の七田式教室へ通うバナー

 

★七田式海外のサイト↓

七田海外サイトへのバナー