子どもの今の姿は、出来上がった姿ではない

滋賀県の七田式公式教室、

七田式栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、

今年の締めくくりに、

これをもう一度思い出してもらいたいな、

ということで

一昨日からこれを書いています。

それは、

「七田式子どもの見方6つのポイント」

です。

 

 

今日は、その2、

「子どもの今の姿は出来上がった姿ではない。」

 

小さい子どもも

いつまでも小さいままではなくて

日々成長をし

段々を大人になっていきます。

 

教室に来てくれているお子さまも、

 

「去年はあんなに騒がしかったのに・・・

落ち着きましたね~」

 

とか、

 

「2歳の頃のイヤイヤ~が嘘のようですね。」

お母さま方と感慨深くお話をすることも多いです。

 

子どもの姿はまだまだ成長の途中。

どんどん変化していきます。

 

どのように変化していくのか、は

お母さんの言葉がけに依る部分も

大きいのですよ。

 

《七田式栗東教室「ラベンダー通信」より》

子育て真っ最中のお母さんは、

毎日毎日真剣で一生懸命です。

子どもをどこへ出しても恥ずかしくない

一人前の大人にしなければいけない

という思いが強いあまり、

子どもの導き方がうまくいっていない方も多

いです。

 

お母さんは、

「今」

にスポットを当てますので

仕方がないのですが、

 

次のように考えてもらうと

 

少し楽になります。

 

それは、

 

「子どもの今の姿は成長の過程である」

 

ということです。

 

 

今、かんしゃく持ちだからといって

 

ずっと将来までそうとは限りませんし、

 

あまのじゃくな面も、

自分勝手な面も、

のんびりやさんな面も、

すべて成長の過程です。

 

成長とともに、

子どもの姿はどんどん変化していきます。

 

今の姿を何とかして「直してやろう」というあまり、

叱って怒ってなじって…

親子関係をこじれさせてしまっている方

がなんと多いことか。

 

教育熱心な方ほど見受けられる傾向です。

 

 

親子の信頼関係が強く、

「お母さんはいつでもどんな時でも、

僕がどんな姿の時も絶対僕の味方なんだ」

と子ども自身が自覚している限り、

子どもの姿は

どんどん良い方向へ変化していくはずです。
 

子どもの姿を変えていくのは

 

「叱ったり」「怒鳴ったり」

「悪いところを指摘したり」

 

ではなく、

 

「あなたを信頼している」

「どんな時でもあなたの見方」

「お母さんは決してあなたを見離さない」

という、

 

強くて深いです。

 

★教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog

 

★七田式公式教室のごあんない↓

全国の七田式教室へ通うバナー

 

★七田式海外のサイト↓

七田海外サイトへのバナー