深いイメトレ(Step3水曜)

滋賀県の七田式公式教室、

七田式栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

さて、

七田式教室のレッスンでは

毎回、イメージトレーニングをします。

 

特に、

小学生コースのレッスンでは

非常に深いイメージトレーニングをします。

 

 

先日のStep3(水)、

10分間の本格的な長いイメトレをしました。

 

このクラスは夕方にあります。

 

今の時期は極端に日が短いので

レッスンのイメトレの時刻にはすでに日が落ちて

薄暗くなっています。

 

そのため、

イメトレの集中度が特に高く、

どんなに長いイメトレでも

子どもたちは驚くほど集中します。

 

描き出しをするときに

子どもたちは

こんなことを言い始めました。

 

 

A「ねえ、先生、どの場面を描けばいいの?」

私「どこでもいいよ。一番印象に残っているところかな?」

A「わかった、じゃ、この場面を描くよ」

 

B「でも、ぼくは静止画じゃなくて、

ずっと動画で見えてたよ・・・困ったな、

動いているのをどうやって描けばいいかなあ???(悩んでいる)」

私「じゃ、言葉を付けて補足してもいいんじゃないの?」

B「そうか、じゃ、矢印をつけて動いていることを分かるようにするね」

 

C「なんか、曼荼羅みたいな絵が見えたんだけど・・・・

再現するには時間がかかりそう」

私「時間をかけていいよ。次の取り組みはしなくていいから、仕上げてよ」

C「うん、そうする」

 

D「ぼくは、絵、というより、言葉、いや、

なんかね会話がたくさん聞こえたよ」

私「へ~そうなんや。誰の会話?」

D「ぼくが、初対面の誰か、え~っと・・・大きな人と喋ってた」

私「じゃ、その様子を絵にして、会話の内容は文字で書いてよ」

D「わかった」

 

 

どの子も

非常に具体的なイメージが出てくるようになってきました。

 

七田式の教室を

Step3の終わりまで続けるということは、

なかなか大変なことなのですが、

やはり

ここまで続けてきた子どもたちは

それだけの力がついていました。

 

値打ちがあります。

こんなイメージ力が身につく場所は

「七田式」しかないだろう、と思います。

 

あと残すところ10回ほどになりましたが

子どもたちのイメージ力をさらに磨けるような

レッスンにしていきます。

Step3直感像描き出しの様子

↑これは直感像の描き出し練習。

「さすが」としか・・・

 

教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog

 

教室長ブログはこちら↓

お母さま講師の日記のバナー