水たまりでバシャバシャ

先日の年中さんのレッスン時の出来事です。

 

Tちゃんが

「雨が降って公園に行けない」

と、レッスン中に外の厚い雲をみて泣き始めました。

 

久しぶりに親子そろって公園に行くお約束があったのでしょう。

お母さんも困り顔。

 

取り組みどころではありません。

しくしく・・・しくしく・・・。

 

お母さんは何とかして取り組みを・・・と促されるのですが

心がこっちへ向かないかぎり、取り組みができるわけがく、

困り果てておられました。

 

そこで、

みんなが図形パズルをやっている間に

ティッシュと輪ゴムを渡して

母子でテルテル坊主を作ってもらいました。

(*^_^*)を書いて出来上がり!

 

「これで大丈夫」

かわいいテルテル坊主を握りしめて笑顔が戻ったTちゃん。

その後は、

レッスンに向かって取り組みをしてくれました。

 

すると、

隣の席のH君が、

「雨の日は、

長靴はいて

水たまりでバシャバシャって遊んだらいいねん。

面白いで~」

と一言。

 

私「そうやね。どろだんごも作れるし、アメンボも見つかるかも。雨の公園も楽しいよ」

と。

 

そして、レッスンの終わりに、

みんなでエネルギーボールを作って、お空へ飛ばしました。

 

その後しばらくして、雲が取れて晴れ間が出て来ました。

もちろん、

Tちゃんは、ニコニコで帰ってくれました。

 

子どもの心を見て、察知して、心を動かすこと。

「子育ては小手先ではだめなんよ」

という七田眞先生の言葉がいつも私の中で響いています。