揺れる洗濯物に感じる幸せ

滋賀県の

七田式栗東教室代表blogです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

昨日はやっと晴れましたね。

「お洗濯ものがやっと乾きます~」

「朝から3回も洗濯機を回してきました~」

とお母さま方はおっしゃっていました。

 

以前も書いたと思いますが、

 

うちの子どもたちが小さかったころ

皆さまと同じように

毎日毎日たくさんの洗濯物がありました。

 

お人形用か?と思うくらいの

小さなスタイや小さな靴下を

毎朝、

これまた小さなピンチに干していました。

 

お昼寝の時、

リビングのソファに子どもたちを寝かしつけながら

外を見て

庭に干したその小さな洗濯物が風に揺れるのを

眺めていました。

「かわいいなあ」って。

 

そして、

夕方近くになり、

洗濯物を取り込む時、

その小さな小さな洗濯物から

柔らかいお日様のにおいがしてくると・・・

 

いつも

 

「私、幸せだな。」

と感じていたのでした。

 

そんなことに ゆったりとした「幸せ」を感じることができた時間は

今はもうはるか彼方へ飛んでいきました。

小さな洗濯物も、もう今はありません。

 

ですが、

「幸せだな」と感じていた自分が

あの時確かにいた、ということは

今もずっと心に残っています。

 

小さなお子さまのお母さま、

小さなお子さまと一緒に過ごせる時間は

本当に限られています。

 

「幸せだな」と感じる時間をどうぞ大切に刻んでくださいね。

 

小学生Step3にて休憩時のティータイム。

お林檎とマルコポーロのお茶♪

 

教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog