そのままで100点、いや1000点!

滋賀県の七田式教室

七田式栗東教室代表blogです。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、

今日も

子どもの見方6つのポイントから。

 

6番目のポイント「そのままで100点」の話です。

 

あなたは出産時のことをおぼえていらっしゃいますか?

 

初めてわが子と対面したとき、

やっと会えたという感動と、

『赤ちゃんをこれから自分で育てていかないといけないんだ』という、

ある種、覚悟のような気持ちに緊張されたのではないでしょうか?

 

あなたの元にやってきてくれた赤ちゃん。

待ちに待った赤ちゃん。

もうそれだけで、あなたにとって

「子どもは100点満点の存在」

だったはず。

 

ニコッと笑った、声を出した、おっぱいを飲んだ、寝た、伸びをした。

こんな小さな成長をご夫婦で喜び合い、

毎日飽きもせず

同じような写真を撮り続けていませんでしたか?

 

ほんの小さな進歩でも心躍るくらいに嬉しくて、

かわいいかわいいと抱きしめていませんでしたか?

 

ですのに…

 

子どもを減点方式で育てる癖はいつからついてしまったのでしょう?

 

親のエゴや欲はいつから出てきたのでしょう?

 

おそらく、

育児書やママ友との会話、よその子との比較、

などから始まるのでしょう。

 

原点に戻りましょう。

 

子どもは加点方式で育てるのが正解です。

 

そのままで100点の上に、

何かができるようになったら+1点、+1点、と加点していくのです。

 

そこにいつもいてくれる、それだけで100点です。

七田式栗東教室 金言

教室ホームページはこちら

七田式栗東教室代表blog