Yちゃんのくつ下

七田式栗東教室代表blogです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

本日もおだやかな「気」が流れている栗東教室です。

 

この写真は

京都からバス→電車→バスを乗り継いで通ってくれている

2歳のYちゃんのくつ下です。

 

レッスンが終わって帰り支度をし、

バスの時刻まで

玄関ホールでいつもお母さんと一緒に待ってくれています。

 

ところが、

 

今日は、

 

Yちゃんは「まだ帰らない」と言ってくつ下を脱ぎました。

そして、

こんな風にハンガーにぶら下げてしまいました。

 

Yちゃんのお母さんはいったいどんな対応をされるのかな?

と私は陰でじっと見守っていました。

 

すると、

 

「くつしたさんを干してくれたんだね。

じゃ、このまま干して帰ろうか?

乾いたら先生に預かってもらっておこうね。

くつを履くときに、今日はくつしたがないけれど

我慢してね。

あ、

そろそろバスが来る時刻だよ。

さあ、

帰ろう!

靴下さん、ばいば~い!!」

 

お母さんの抜群の導きで

Yちゃんはニコニコでバス停へ。

 

でも、結局バスを待っている間に

 

「せんせ~、くつしたかわきましたか?

わたし、もってかえるからね」

とYちゃんが取りに来ました。

 

そして、一人で

ニコニコで靴下を履き、

靴を履いて

ばいば~いと手を振って帰っていきました。

 

もし、

「もう、バスが来る時間なんだから早くしてよ!!

靴下を脱がないで~!!

もう、よけいなことしないでよ!!」

 

とお母さんが言っていたら・・・

どんな気持ちでYちゃんは帰っていったのかしら?

と、そんなことを思いました。

 

Yちゃんのお母さんが「七田のお母さん」になってこられた、

と実感したエピソードでした。