植物が喜ぶことってなあに?

滋賀県の七田式栗東教室代表blogです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

今日は教室のお庭のお話です。

 

教室の周りには、ガーデンがあります。

スタッフが小まめに手入れをしてくれています。

 

手をかければかけるほど美しく咲く花もあるし、

手をあまりかけないで放っておいた方がよい花もあります。

 

今、手をかける時!というタイミングも大事です。

肥料はやりすぎると枯れます。

水をやりすぎると根腐れします。

 

でも肥料をやらないと大きな花が咲きません。

球根も大きくなりません。

当たり前ですが、水をやらないと枯れてしまいます。

 

ガーデニングは子育てに似ていますね。

 

植物が一番喜ぶことは何でしょう?

 

それは、

「そこに咲いていてくれてありがとう。」

と、気づいて認めてあげることです。

 

教室の子どもたちは、

どんな小さな草花にでも

「かわいいね」と声をかけてくれているようです。

 

おかげで、

eri’sガーデンのお花たちはみな

生き生きしています。