せっかくの旅行なのに・・・

滋賀県の七田式(SHICHIDA)栗東教室

栗東教室代表blogです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

夏休みが終わって

日常が戻ってきた、と思ったら・・・・

またお休みです。

 

助走をつけて、来週からまた日常を取り戻しませんと!

 

さて、教室には

夏の間に旅行に行かれた方が多かったです。

教室では、

「旅行でもプリントを欠かさないように!」

ということでお伝えしていました。

 

ほとんどのお子さまが、

イレギュラーな日々の中でも

淡々とプリントを継続して来てくれました。

 

お盆休み明け、

たくさんのプリントを

誇らし気に提出してくれた子どもたち。

 

本当によく頑張りました。

ママもパパもよく協力してくださいました。

 

おじいちゃん、おばあちゃんは

この辺の理解が十分でないので

「せっかくの旅行なのに、

こんな時でもプリントしなあかんのか?」

と思っておられたことでしょうね。

 

↑ これはね、根本が間違っています。

 

一つは、

『プリントは子どもに苦しみを与えていると誤解していること』

 

そして、

2つ目は、

『プリントは、

親が子どもに「強制」して無理やりイヤイヤ「させる」もの

と思っていること』

です。

 

つまり、

子どもはプリント(学習)が嫌い、と

勝手に大人が

決めつけているのです。

 

本来、子どもは、学びたいという意欲でいっぱいなのですよ。

 

★教室ホームページはこちら

 

この量!