「フラワーエッセンスなんて、しょせん気休めでしょ」とおっしゃったお母さんがいます。

滋賀県の七田式(SHICHIDA)栗東教室

栗東教室代表blogです。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

夏休みはいかがお過ごしですか?

 

梅雨入りあたりから頑張ってきた母と子は

夏休みが始まったことで

今の時期はちょっとホッとします。

 

ところが、

この「ホっ」とする安堵感から

母も子も体調を崩しやすい時期なのです。

 

加えて

遅寝遅起きになり、

外出と外食が増え、

 

生活のリズムが整わなくなります。

 

そして、母のペースで一日が回せないようになってくると

お母さんたちはイライラし始めます。

 

 

お母さんがイライラしていると

母子一体感のあるお子さまであればあるほど

 

子どもさんもその影響を受けて

ぐずぐず言い体調を壊したりするものです。

 

母と子の波動は連動しているからです。

 

先週の

とあるクラスでのお話です。

 

いつもはニコニコのMちゃん(2歳)が

ぐずって教室に来られました。

お母さんも、何となくいつもの明るい雰囲気ではなくて

少々いらだちオーラを抱えて来室されました。

 

こんな状態ではレッスンに入れません。

 

そこで、

eri先生は

フラワーエッセンスをおすすめし、

親子で摂っていただきました。

 

すると、

 

途端にママの表情に変化が起き、

Mちゃんは泣き止んで落ち着きを取り戻してくれました。

 

そしてゆったりとレッスンへ。

フラワーエッセンスはやはり即効性がありました。

植物のエネルギーは本当にすごいです。

 

 

「フラワーエッセンスなんてどうせ気休めでしょ」

 

とおっしゃったお母さまが

 

かつて

うちの教室に1人だけいらっしゃいました。

 

本質を何もわかっておられないんだな、

と非常に残念でした。

 

 

ま、そんなことは置いておいて。

 

このたび

Mちゃんとお母さまにお摂りいただいたのは

しちだ・ライフさんの「warming heart」です。

ブレンドしてあるので非常に便利です。

 

教室でよく出るのは「children’s balance」です。

チックやおねしょ、爪かみなど、不安定な心の状態に有効です。

一家に一本、お守りに置いておかれると

重宝します。

 

2017-02-19 13.37.00