眠っていた能力をピカッと光らせるのはお母さんの・・・

滋賀県の七田式(SHICHIDA)栗東教室

栗東教室です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

今日は15,16度まで気温が上がるそうです。

いよいよ春が来たのかな?

 

ところで、

 

年度末にあたり

 

この一年の締めくくりを

講師スタッフ内で

話し合うことが増えています。

 

毎年、毎年、思うことがあります。

 

それは、教室で

 

子どもをどんどん伸ばせるお母さんと

そうでないお母さんがいらっしゃる

ということ。

 

その違いは何かというと・・・

 

講師のアドバイスを素直に信じて

とにかくやってみる、

というのと、

 

「これは必要ない」「これは必要」

「これは違うよね」「これはイヤ」

「これは無理」「これはできない」


お母さま自身のフィルターを通して

講師のアドバイスをチョイスするのか、

 

の違いかなぁ。。。

 

 

「とにかく素直にやってみる」

↑このスタンスが欲しいです。

 

七田「式」「式」というのだから

メソッド、なので。

 

七田式の教室に通っているのなら、
七田メソッドを お母さまの誰よりも

よく理解している講師のアドバイスに

耳を傾けてほしい。

 

勝手な解釈で

取捨選択をしないで欲しいのです。

 

勝手な解釈で取捨選択をしてしまえば、

それはもう

「メソッド」にはなりません。

 

IMG_4646

レッスンで、

↑このタングラムがあまり得意ではなかったHちゃん。

 

いつも、

この教材が出てきたら顔が曇り、

自信が無い様子でした。

 

お母さんにそのことをお伝えし、

「お家で、家族みんなでこのタングラムで遊んでください」

とお願いしました。

 

Hちゃんのお母さんは素直に受け止めて下さり、

「はい、わかりました。早速今夜からやってみます。」

とおっしゃって

 

1か月の間、

おばあちゃま、おじいちゃまも巻き込んで

一緒に遊んでくださいました。

 

すると、どうなったでしょう?

 

次に

このタングラムが出てきたときは、

Hちゃんは自信満々の笑顔で

最後まで自分の力でやり遂げることができました。

 

Hちゃんのお母さんは

フルタイムでお仕事をされています。

タングラムの時間をねん出するのは

大変だったと察しがつきます。

 

でも

講師のアドバイスを素直に聞いて

「とにかくやってみる」

を実践してくださったのです。

 

だから、

Hちゃんの能力が一つ、

ピカッと光ったのです。

 

 

講師としても

打てば響くお母さんには

「次のアドバイスをお伝えしよう」

と思いますよ。

 

★教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog