はいはい。またね。

滋賀県の七田式(SHICHIDA)栗東教室

栗東教室の代表blogです。

 

ご覧いただきありがとうございます.

 

昨日の「食」のお話の続きですが、

2016-02-24 20.04.39

教室のレッスンの中で

このペアのドレッシングをよく使います。

 

小学生たちは、

生の白菜や生のニンジン、大根に

このドレッシングをかけて

バリバリむしゃむしゃ食べます。

 

 

お迎えに来られたお母さまが、

「え?うちのこ、生野菜、食べたんですか????」

とビックリされることも

少なくありません。

 

 

で、

こうなります。

 

子「お母さ~ん!このドレッシング買って~。

これなら、ぼくも生の野菜をたくさん食べられるよ」

母「はい、そうしましょう」

 

という場合は問題なし。

 

子「お母さん、このドレッシング買って~。

これなら、ぼくも生の野菜をたくさん食べられるよ」

 

母「いくら?高い高い。いらんいらん。

ドレッシングなら家にあるやん。

ドレッシングなんてどれも一緒」

 

または、

 

母「はいはい。また今度ね」

 

または、

 

母「ここだから食べられただけでしょ?

どうせ家では食べないんだから」

 

う~ん。

と講師が心の中でうなる場面です。

 

 

子どもは必要なものを本能的に知っている、って

山田先生のお話にもありましたが、

これって本当の話だと

子どもたちをみれば一目瞭然。

 

 

★教室ホームページはこちら

能力を引き出すためには、

知的な刺激だけではダメで、

食環境、生活環境、

すべてをトータルに考えないといけません。

 

子どもは自分で食べるものを選べないのですから。

七田式栗東教室代表blog