あれほど「入学準備」と称するスパルタをしないで、と言ってきたのに・・・・

滋賀県の七田式(SHICHIDA)栗東教室

栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

冷え込みが厳しい朝が続きます。

 

教室に暖房のタイマーを入れて帰宅するのが日課になっています。

朝、教室のドアを開けた時

ほんわ~り、暖まっているのを感じるとホッとします。

 

さて、

先日、

年長さんのクラスで、

子どもたちが

口々にこんなことを言い出しました。

 

「わたし、3月が来てほしくない」

「ぼくも卒園するの、嫌だ」

「私なんて、2月も嫌いだ」

「ぼくも学校に行くの嫌だ」

・・・・・・・・・・・

 

あらあら。

 

園やお家で

「入学準備」と称するアレコレが始まったのかと思って

ビックリ。

 

あれほど、「しちゃだめよ」と言ってきたのに!

と実はちょっとガッカリ・・・。

 

でも、

よくよく話の続きを聞いてみると

 

「お友だちと離れ離れになるのが寂しいねん」

 

「そうやねん。ぼくも。

同じ学校に行かない友だちもいるんやもん」

 

「そうそう。みんなと離れるのが嫌やねん。」

・・・・・・

 

 

 

小学校に行くのがイヤ、なのではなくて

お友だちと離れるのがイヤ、だったんですね。

早とちりの勘違いでした。ごめんなさい。

 

「そうなんだ~。みんな、園にたくさんお友だちがいたんだね。

仲良く一緒に過ごしてきたんだよね。

離れ離れは寂しいね。

別れるのはつらいね。」

 

と共感。

 

感性が育っている子どもたちだからこそ、の会話でした。

 

★教室ホームページはこちら

七田式栗東教室代表blog