泣きべそA君に言った言葉

滋賀県の

七田式栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

ここしばらく

バレーボールにくぎ付けの毎日でしたので

今夜は、

なんだか少し

物足りない気がしています(笑)

 

昨夜の試合で大活躍された、

セッターの田代選手は、

栗東のご出身で、

東レアローズの所属だそうです。

 

全く知りませんでしたが、

これからも応援させてもらおうと思います。

 

さて、

 

先々週の年長児クラスでのエピソードを一つ。

 

年長4人クラスでの出来事です。

 

レッスン後半の取り組みに入ったところで、

「妙妙板」(みょうみょうばん)

というタングラムパズルを

皆に配りました。

IMG_4646

 

すると、

 

A君が、

「ぼく、これ苦手~。できない~。え~ん。」

と、

べそをかきました。

 

すると、すかさず、

 

Bさん

「そんなことないやんか。いつもA君は上手にできてるやん。

私、知ってるで」

 

Cさん

「そうそう。できない時は、私が教えてあげるから、

泣かなくていいよ」

 

Dくん

「 【できない】って思うと、余計にできなくなるから、

【できる】って思ってやってみ。

Aくんならできるよ。僕も応援するから」

 

6歳になるかならないかの子どもたちが

こんなことを言って

心から、お友だちを励ますことができるんだ、と

とても感動しました。

 

これらの言葉と気配りは、

これまでに

子どもたちが、まさしく

お父さんお母さんからかけてもらってきた言葉であり、

気配りに他なりません。

 

 

これこそ、

七田眞校長がおっしゃっていた、

 

レッスンに『愛と感動』がなければ

七田式教育ではない

 

ということなのでしょう。

 

ありがたいことです。

 

★教室のホームページはこちら