「ぼく、実は・・・ゲーム持ってないねん」(小学生step3)

滋賀県の七田式栗東教室です。

ごらんいただきありがとうございます。

 

滋賀南部は大した荒天ではありませんが、

湖西や彦根方面は積雪が多いようですね。

もうしばらく油断しないでおこうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

七田式栗東教室は

七田眞先生の「魂の教育」をコツコツ実践している教室です。

 

おかげさまで開校8年がたち、

たくさんのお母さまお父さま、

そして子どもたちに通っていただける教室になりました。 

ありがたいことです。

 

さて、

 

先日の小学生step3のクラスで

こんなことがありました。

 

Step3と言えば・・・

栗東教室の数あるクラスの中で

内容の深さも、実績も、何もかもがトップの、

まさに栗東教室の「顔」ともいえるクラスです。 

 

そんなクラスの子どもたちが

レッスンの休憩中、

こんな雑談をしていました。 

 

「ねえねえ、今年になって何冊、読書した?」

「30冊くらい」

「ぼくも、それくらい」

「私も」

「そうやね~数えたことないけど結構読んでるわ」

「じゃ、去年一年間には何冊読んだの?」

「100冊くらいかな?」

「ぼくは150冊は読んだよ」

「私もそれくらい」

「数えたことないけど、まあまあ読んでると思う」

・・・(こんな話がつづきました)

 

6人のクラスですが、

みんな本当に読書家で、物知りなのには驚かされます。

 

興味を持ったことをとことん突き詰めて学ぶ姿は

本当にまぶしいです。

 

お家の方のおかげですね。

 

いつも、子どもさんの周りに、ふんだんに

「読みたい本」が用意されているのでしょう。

 

私も、幼稚園児・小学生のお母さんだったころは

子どもが興味を持ちそうな本を常に探しておいて

いつも手の届くところに準備しておきました。

 

1冊、2冊、と言わず

ふんだんに。

環境設定は親の仕事です。

 

話を戻します。

そして、(さっきの続きです)

その中の一人の男の子がこのように言いました。

 

「実はな、ぼく、ゲーム、持ってないねん」

 

今どきゲームを持ってないなんて!と笑われるに違いないと

思ったのでしょう、

少し残念そうに小声で告白しました。

 

そうしたら・・・!!

 

あとの5人も

み~んな

ゲームを持っていませんでした(笑)

 

みんな、ゲームを持っていないけれど

友だちたくさんいますよ。

学校で仲間はずれにされてもいないですよ。

好奇心旺盛に毎日を生き生きと過ごしていますよ。

将来の夢をもち、前を向いていますよ。 

 

「ゲームを持っていないと仲間はずれにされて、友だちがいなくなる。

だからゲームを買ってあげないと。子どものために」

 

ということをおっしゃるお母さまが時々いらっしゃいます。

 

ゲームを持っていることが友だちの条件、だなんて、

「そんなことを言うような友だちなんて、

別に要らないんちゃうん?」

って思いますが・・・

 

 

★栗東教室ホームページはこちら 

2016年度新入室生

0歳、1歳 水木午前クラスのみ 若干名予約受付中。

胎教、HappyBaby(赤ちゃんクラス)随時募集。

 

rblog-20151203204824-00.jpg

Step3の子どもたち

魚魚合わせ(ととあわせ)に夢中!

 

 

★こちらにも教室blogがあります。一生懸命更新中!

★教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog

 

★七田式教育の成果(栗東教室)はこちら→

 

 

★七田式公式教室のごあんない↓

全国の七田式教室へ通うバナー