虫が出てきて「キャー」と言ってはいけない理由

七田式栗東教室代表blogです。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

我が家の上の子が生まれてしばらくたったころ、

お隣さんのお家に

赤ちゃん連れで遊びに行きました。

 

予期せぬ「虫」がちょろちょろと出てきて、

思わず、「きゃ~!」と叫んでしまった私(若かったね~)

 

すると、

 

お隣の奥さんにこう諭されました。

 

「子どもの前では、

生き物に対してマイナスな態度はいけないよ。

どんなに嫌いな虫が出てきても

お母さんたるもの、平然としていないと!

 

お母さんの言動を通して、

赤ちゃんは

社会を見ていくんだよ。

 

虫の存在を否定することは、生き物を否定することになる。

自然を否定することになる。

生き物や生命に対して否定的な感情を持つ子になるよ。

 

「おかあさん」になったのだから、これからは

子どもの前での言動には気をつけないと。

 

お母さんが小さな生き物に対して、

嫌いとか、怖い、苦手だ、という感情をみせてしまったら

子どももきっと同じような感性になる。

命に対して「好き嫌い」を押し付けたらダメだよ。」

 

って。

 

小さな名もなき虫も、犬も、猫も、そして私も

み~んな深い意識でつながっているのだから。

 

 

★こちらにも教室blogがあります。一生懸命更新中!

★教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog

 

★七田式教育の成果(栗東教室)はこちら→

 

 

★七田式公式教室のごあんない↓

全国の七田式教室へ通うバナー