ボックスに入ったお花ばたけ

七田式栗東教室です。

 

昨日はレッスンが立て込んだ土曜日でしたが

レッスン後、梅田のハービスエントでお友だちと会い、

ぎりぎりまで楽しい時間を過ごしました。

 

帰宅したら、

こんな箱が届いていて

rblog-20150510092523-00.jpg

 

「ん?箱????

お花じゃないの?

母の日の・・・」

 

と思って開けてみたら 

rblog-20150510085715-01.jpg

なんと、

こんなかわいいお花でした。

 

ところで、

生のお花といえば・・・

 

七田式教育は五感を大事にしているのもあって

栗東教室では

生の本物の植物をレッスンで使っています。 

 

子どもたちに嗅覚を使わせるためです。

生後6か月、7か月のころから

いろいろなものを嗅がせて嗅覚を使ってきた子どもは

やはり嗅覚が優れています。

 

教室の子どもたちを観察していると

「鼻が利く」という慣用句があるように

嗅覚が鋭い子は、何かにつけて「勘が良い」ように思います。

 

また

小学生コースでは五感をフルに使うトレーニングがあります。

 

月に一度

季節の食物を五感で感じます。

 

触覚、味覚、嗅覚、視覚を使うレッスンですが、

出力の取り組みなので

『小学生じゃ遅いなあ~』

と、レッスンしながら思ってしまいます。  

 

0歳~1歳の入力が大事です。

 

 

 

★こちらにも教室blogがあります。一生懸命更新中!

 

 

★教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog

 

 

★七田式教育の成果(栗東教室)はこちら→

 

 

★七田式公式教室のごあんない↓

全国の七田式教室へ通うバナー

 

★七田式海外のサイト↓

七田海外サイトへのバナー