お腹の赤ちゃんにできること 6.レシチンを摂ろう

滋賀県の七田式栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、

 

栗東教室の今年度最終クラスの受付〆切が

11月12日と迫っています。

毎年、

真冬の間は「胎教コース」はお休みをしますので、

今回が2018年度のラスト講座です。

 

迷っておられる方は

お早目にご連絡下さい。

 

お腹の赤ちゃんにできることはたくさんあります。

一つ一つできることを心がけてもらえるといいなと思います。

 

胎教において、「食」というのは非常にウェイトが高い部分です。

 

何を摂るか、摂らないか、を

講座の中ではお話をします。

 

特におすすめするのは「レシチン」です。

 

レシチンとは、大豆や卵に含まれるリン脂質です。

 

記憶をつかさどる神経伝達物質、アセチルコリンの材料となります。

レシチンが豊富にあると、記憶がスムーズにいきます。

 

胎教だけで終わらず、

生まれてからも継続して意識的に摂られるとよいです。

 

教室で、急にめきめきと能力を上げてきたお子様がいて、

「最近、Hちゃん、とても伸びてきましたね」

「このごろ、Kちゃんが意欲的になってきましたね」

 

などと話題になることがあります。

 

「レシチンを摂り始めたからですね」

と、なることがよくあります。

★教室オリジナルホームページはこちら

「胎教コース」今年度最終クラス募集中!!!