入園を控えたお母さまへのお話会をしました

滋賀県の七田式(SHICHIDA)栗東教室

です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

さて、

昨日は、栗東教室の恒例の育児講座

『プレミアム講座』

の日でした。

 

来春から入園予定のお母さまへ向けて

今の季節から3月までの過ごし方を簡単にお話しました。

 

過ごし方、というよりは

心構え、心の持ち方、といったところでしょうか。

 

 

実は、

毎年のことですが、

4月になると、

新入園のお子さまのレッスンで

次のような事態が起こりまして・・・

 

それは何かと言いますと・・・・

 

母子一体感の取り組みができなくなる事態が起こるのです。

 

レッスンの最初に

母子一体感の確認の取り組みがあるのですが、

その際に起こるトラブルです。

 

子どもはそっぽを向いて、のけぞって嫌がり

お母さまは眉毛が「ハ」の字でくら~いため息。

また、

抱っこされることを嫌がり、脱走。

イメトレどころではありません。

 

お母さまも、あからさまに不機嫌な表情。

 

これは ね、

母子一体が切れてしまっている証拠です。

 

これでは七田のレッスンなんて出来ませんし、

お母さまも、子どもさんもつらいです。

 

また、

一緒にレッスンを受けている方も

心が落ち着きかずソワソワドキドキ・・・。

 

しか~し!

 

今の時期に、『あるお話』をしておけば

このトラブルが無くなることを3年前に発見しまして、

 

それ以来

 

第1子入園前のお母さまに向けて

このガイダンスを今の時期に必ずお話するようにしています。

 

さて、

対象のすべての方に、

『あるお話』をお伝えすることができました。

 

良かったです。

 

これで ひとまずは安心。

 

『あるお話』って何でしょうね?

必要な方にはまたお話します。

必要でない方が聞いても心に響きませんから。

 

rblog-20140615214217-00.jpg

昨日は15日。

眞先生の「魂の金言」の中で一番好きなコレ↑の日、でした。 

 

 

教室のホームページはこちら⇒★ 

 

教室長のブログはこちら⇒★