レッスンに来て、何もしなくても、「無駄」なことはないのです。

SHICHIDA栗東教室 外観玄関

滋賀県の七田式栗東教室代表です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

何度もお話していることですが、

 

教室のレッスンに来られて

お子さまがぐずってしまい何も取り組みをしないとか

カードを見ないとか、

そんなことは日常茶飯事。

 

小学生でも、

気分が乗らない時や

お家や学校で理不尽に叱られて凹んでいる時などは

イメトレどころではないので

ソファーで本を読んで待っていたりします。

 

では、

 

何もしなかったから

教室に来た意味がないのか?といえば

そうではなくて

 

マイナスだった気持ちが

±ゼロになっただけでも

大きな成果ではないですか?

 

園や学校で嫌なことがあって

その気持ちを連れてきた子も

教室にいる間に

嫌な気持ちが晴れてスッキリできたのなら

それはそれで

大きな成果ではないかなあ?

 

私はそのように思っています。

 

だから、

 

教室に来て

何もしなくても、

ぼんやり本を読んでいるだけでも

のんびりくつろいでいるだけだとしても

 

それはそれで

意味のあること。

 

 

「取り組みをしないのなら、辞めますよ!

お月謝がもったいないから」

 

という意識では・・・・なかなか。

 

本質を見誤っています。

 

★教室オリジナルホームページはこちら