ファーストクラスの子育てには「知恵」と「思慮」が要る

 

SHICHIDA栗東教室 外観玄関

 

滋賀県の七田式公認教室

七田式栗東教室代表です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

当教室は、

「ファーストクラスの子育て」をお伝えしている七田式教室です。

 

七田式栗東教室のお母さま方は

「ファーストクラスの子育て」を目指して

日々、奮闘されています。

 

奮闘、というのは・・・

 

口やかましくお小言をずっと言い放っていることではなく

子どものすることなすことを常に監視することでもありません。

 

奮闘、というのは、

 

お子さまにどんな言葉をかけたらよいのか、

どんな導きをすればよいのか、

こういう場合は、どのように対処すればよいのか、

を常に自分で考え、

知恵を絞り思慮深く行動するということです。

 

行き当たりばったりではなく

う~んと先を見据えて

「じゃあ、今は何をするべきか、今どんな姿であればよいのか」

を考えて、お子さまを導くということです。

 

子育てにはいくつもの側面があり、

一筋縄で解決することばかりではありません。

 

また、

 

子の成長に伴って、さまざまな環境の変化が起こります。

お母さまも年を取るし、病気もします。

また、お母さまのご両親も年を取る。

取り巻く環境にも年々変化が生じてきます。

 

そんな変化に対応しながら

20代、30代、40代、と歳を重ね

子どもと共に母も一緒に成長していくのが

ファーストクラスの子育てです。

 

栗東教室のお母さま方は

日々試行錯誤の中、

悩みながらも知恵を絞り

思慮を深めながら素晴らしい子育てをされています。

 

教室のお勉強会は大中小合わせると

年間50講座。

どの講座も常に満員であるということこそが

栗東教室のお母さま方の子育て姿勢を物語っています。

 

学びたい、成長したい、という姿勢に

いつも感激しています。

講師も講師として成長をしていきますので

ついてきて下さい。

 

★教室オリジナルホームページはこちら