「初級講座」をおすすめする理由

滋賀県栗東市(りっとうし)の

七田式栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、本日から

次回のお勉強会のお申込みが始まりました。

 

このブログでも

受け付け状況だけを知らせるそっけない記事が

続いていますね。

申し訳ありません。

 

まだまだ残席はありますので

ぜひお申込み下さい。

 

何かしらの「気づき」があり、

モチベーションアップにつながると思います。

 

1番の初級講座では「たかかんひがそ」を復習します。

 

今日は、その、1番の初級講座に

小学生お母さまのMさんから早速お申込みをいただきました。

 

「初心に戻りたいので、今さらですが受講させてもらえますか?」

と。

もちろん、大歓迎です!!

 

「初級」と名がついていますが、

内容は「初級」ではありません。

小学生お母さまだからこそ響く「気づき」があるかもしれません。

 

特に、

『学力中心で育てない』という項目は

小学生のお母さまにこそお伝えしたい内容です。

 

子どもの能力を測る物差しは、

学校の中にしか存在しない、

というものではないのに、

学校での評価がすべてという風に

親は思いこみがちです。

 

また、

小学校の成績表の「◎」の数によって

子どもの人生が決まってしまうものでもないのに、

その◎の数に一喜一憂される親御さんが

非常に多いです。

 

成績表がほめる材料になるのであればまだ良いのですが

ほとんどの場合において

成績表は、

「叱る」「なじる」ための材料になっているのではないですか?

 

気を付けて欲しいポイントです。

 

また、

幼児さんのお母さまにも

『学力中心で育てない』という項目は

何度でもお伝えしたい内容です。

 

七田式教育をスタートして1年も経つと、

子どもの姿が明らかに変化し、

「成果」を呼べるものが見えるようになってきます。

 

すると、

途端にお母さまには「欲」が出てきます。

 

「もっと○○をさせたらよいのではないか?」

「もっと○○を覚えさせたら覚えるのではないか?」

「 ○○ちゃんに追いつき追い越せ!」

「今のうちにいろんなことを覚えさせておこう」

「毎日プリントが3枚、だなんて少なすぎる。もっとやらせよう」

「暗唱をもっと覚えさせて、 誰よりも先に進もう」

 

するとどうなるかというと…

 

母子関係がおかしくなり、子どもの能力が伸び悩み、

挙句の果てには「お勉強嫌い」という子になるのです。

 

「初級講座」

まだ残席あります。

お待ちしています。

 

七田式栗東教室のホームページはこちら⇒★ 

rblog-20150804115303-00.jpg

 

 

★こちらにも教室blogがあります。一生懸命更新中!

★教室ホームページはこちら↓

七田式栗東教室代表blog

 

★七田式教育の成果(栗東教室)はこちら→

 

 

★七田式公式教室のごあんない↓

全国の七田式教室へ通うバナー

 

★七田式海外のサイト↓

七田海外サイトへのバナー