保護者勉強会「五分間暗示法」をマスターしましょう

滋賀県の七田式公認教室、

七田式栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

連休のはざまで

今日は平日なのですね。

 

 

さて、

先日の保護者勉強会では、

二人のお母さまに『五分間暗示法』を伝授しました。

 

お二人とも大変真剣に一生けんめい聞いて下さいました。

まさしく、

「伝授」という名にふさわしいものとなりました。

 

いつもなら

もう少し人数が多いので、作文の添削をして

その後ぬいぐるみを相手に

五分間暗示の練習をするのですけれど、

あまりに静かなので

今回はちょっと止めておきました。

恥ずかしいかな、と思いまして・・・。

 

 

私は、

七田眞先生に教えていただいたこの大切な『五分間暗示法』を

遊び半分に伝えたくありません。

 

 

『五分間暗示法』を

とても貴重で特別なものとして捉えているので、

本当に必要とされていて

真面目に取り組みたいと思われる方にのみ

正しくお伝えすることにしています。

 

七田式の『五分間暗示法』は

子どもの寝顔に向かって母の望みを喋るものではありません。

子どもの寝顔に向かって昼間のお詫びを述べるものでもありません。

こうなったらいいのにな・・・という気休めでもありません。

 

「間脳」の特別な仕組みを使うものです。

 

そのためには

いくつかのステップが必要で、

暗示の「言葉」(文言)がポイントとなってきます。

 

 

「おむつが取れるといいね~」

ではなくて

「ほーら、もうおむつが要らなくなっちゃった」

 

「お熱が早くさがりますように」

ではなくて

「ほーら、お熱が下がっちゃった」

 

と完了形にしなくてはいけません。

 

栗東教室のお母さまは

必ずこれを習得してください。

お勉強会に欠かさず出席していただくと

1年のうちにマスターできますよ。

 

教室オリジナルホームページはこちら

 

 

★教室ホームページはこちらです

七田式栗東教室代表blog