結果だけにスポットを当てないで

SHICHIDA栗東教室 外観玄関

滋賀県唯一の七田式認定教室

七田式栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

子どもというのは、なんだかんだ言いながらも

本当はお母さんにほめてもらいたくて、とっても頑張ってしまうものです。

 

結果がどうであれ

その『がんばり』自体を認めてほめてあげるように心がける

という意識が母親には必要かな、と思います。

 

たいていは、

「結果」だけに焦点を当ててしまうことが多いです。

 

親の方にそんなつもりはなくても、

子どもにとってはそのよう映ってしまうことって

日常よくありがちです。

 

例えば、運動会のあと「何位だった?」と聞くでしょう?

マラソン大会のあと、「何位だった?」と聞くでしょう?

「○○君より早かった?」って聞くでしょう?

テストのあと、「できた?」って聞くでしょう?

そろばんの試験のあと「受かってた?」って聞くでしょう?

 

教室の暗唱発表のあと

「今日は言えた?」

 

って何やら高圧的にお迎えのときに聞くでしょう?????

あれ、止めて下さいね(笑)

 

子どもがどれだけプレッシャーを感じているか!

 

子どもには、

「結果を気にするお母さん」

って映っていますよ。

 

私がこのことに気づいたのは、上の子が3歳のとき。

それ以来

『結果』というものには頓着しないように接してきました。

これがほんとの「のびのび教育」だと思います。

 

「暗唱言えた?」

は絶対言わないで。

SHICHIDA栗東教室代表blog