年長の子どもたちと会話(レッスンにて)

七田式栗東教室の代表blogです。

ご覧いただきありがとうございます。

 

12月も、はや4日目。

しなければいけないことを

リストアップして書き出しましたら・・・

全然時間が足りない、

ということに気づきました(笑)

 

もうひとり「自分」が居たらいいのになぁ。

 

さて、

今日は子どもたちとの会話の一こま。

 

年長さんのレッスンは母子分離です。

子どもたちと講師とのやりとりで

レッスンが進みます。

 

子どもたちは、お母さんがいないところで

いろんなことを質問してくれているのですよ。

まだまだかわいいなあ。

 

「なあなあ、先生、どこで寝てるの?」

↑教室に住んでいる、と思っているようです。

 

「先生はお母さんと仲良し?」

「先生はお母さんに怒られる?」

↑自分たちのように、お母さんと一緒に暮らしていると思っているようです。

 

「先生は何歳?ぼくのパパと一緒くらい?パパは34歳やねん。」

↑大外れ。

 

「先生、かわいいね」

↑ありがとう!!

 

「先生、爪切った方がイイよ。バイキンが来るから切りなさい!ってお母さんに怒られるよ」

↑はい、そうします(笑)

 

バラのブーケ

 

★教室ホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!