「暗唱トレーニング」の意味や方法をお伝えするプレミアム講座は本日開講!

滋賀県のSHICHIDA

栗東教室代表blogです。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

さて、

本日は栗東教室恒例の『プレミアム講座』の日です。

 

今回は

通室生の新Step1クラス保護者様対象の限定講座で、

「暗唱トレーニング」についてのお話をします。

 

栗東教室では、

「おむつが取れて、卒乳したら➡プリントコースを開始する」

という方針と共に、

「日々のプリントが歯磨き感覚まで定着していれば➡暗唱トレーニングを開始する」

という方針があります。

 

日々のプリントが歯磨き感覚(日常の当たり前の行動)になっていないうちは

暗唱のトレーニングをしても

望む成果がでるよりもむしろ、

お母さまにも、子どもにも負担がかかり

母子一体感を傷つけてしまう可能性の方が非常に高いですから。

 

 

栗東教室が目指す『暗唱の成果』とは

 

一度耳にしたものを一度で覚える回路作り

 

つまり

 

聴覚記憶の回路作りです。

 

ですから

 

難しい古典や漢文を一生懸命覚えて発表できる。

 

ということは主たる目的ではありません。

「いかに上手に発表できるか」

ではなくて、

 

「どのようにして記憶したのか」

ということに焦点を当てて指導しています。

「一生懸命」や、「頑張る」

要らないのです。

 

栗東教室で暗唱のトレーニングを積み重ねてきた子は

step3半ばくらいになってくると

恐ろしいほどの聴覚記憶の力が身についていることを

本人自身が自覚します。

 

一回聴いただけで記憶できる力です。

 

大人にもできます、が、暇がかかります。

 

プレミアム講座では

このような話をさせていただく予定です。

 

まあ、

なんとプレミアム!・・・

 

お申込みの方、気を付けてお見えくださいね。

人数が多いので、

駐車場には

いつものように譲り合ってご入場下さいね。

 

ではのちほど。

 

★教室ホームページはこちら

2015-10-04 17.59.32

【通室生の方へ】

個別懇談のお申し込みは本日9:30から

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!