あなたの強みはなに?と聞かれ、子どもたちは何と答えたのか。

滋賀県のSHICHIDA

栗東教室です。

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

本日も蒸し蒸しとした一日でした。

 

夕方にザ~っと雨が降り、

少し涼しくなりました。

 

さて、

最近、お問い合わせが増えています。

 

できるだけ0歳に近い時期から

比べず焦らず淡々と

七田式教育を行うと・・・

一人一人のお子さまの才能がじわっじわ~と

出てきます。

 

IMG_4750

先週、

今週のStep2のクラスで、

「あなたの個性は?」

「あなたの強みは何?」

と聞いてみました。

 

「本を読むのが早いところ」

「面白いところ」

「テニスが好きなところ」

「野球の練習を頑張っているところ」

「足がものすごく早いこと」

「バドミントンが強いところ」

「絵が上手いところ」

「人に親切にできるところ」

「算数が得意なところ」

「だれとでも仲良くできるところ」

・・・・etc

 

みんな、返事に窮することなく、

また、

恥ずかしがることもなく、

堂々と自分のことを発表してくれました。

 

七田式教育を受けてこなければ

おそらく、

こんな返事はできなかったと思いますよ。

 

小さな小さなころから

お母さんに

 

「あなたは〇〇の才能がる」

「あなたは、こんなことが優れている」

「あなたの●●なところが本当に素晴らしい」

 

と、

たくさん褒められて育ってきましたからね。

 

これも、七田の成果の一つですね。

 

IMG_7347[1]

『ぼくは、写真記憶で絵をかくのが得意だよ』

 

★教室ホームページはこちら

 

 

 

 

 

Follow me!